ブライダルメイクをする意味

ブライダルメイクをする意味

「メイク」とは何かは、今更説明は不要でしょう。

メイクの歴史は古く、また世界各国で行われています。

これが意味するのは、メイクは周囲の人々にとって雰囲気を盛り上げ、メイクをする本人にとっては周りの空気に溶け込むうえで大切な役割を担っているということです。

結婚式の場合、ブライダルメイクよりもウェディングドレスの方がよくフィーチャーされますがかといってブライダルメイクの重要性を過小評価してはいけません。

確かに結婚式場では花嫁のドレスがまず目に付きますが、次に目がいくのは顔や表情です。

よいドレスと、よいメイク、そしてよい表情が揃った花嫁は本当に格別な存在感で記憶に残ります。

そもそも考えてみれば、人の第一印象は着ているものというよりは寧ろ、顔で判断されることが多いですね。

結婚式に呼ばれるような人にとって「第一印象」を語ってもあまり意味がないかも知れませんが、花嫁姿の与える印象は新鮮です。

普段より顔に注意が行く場面では、やはりブライダルメイクは重要です。

This entry was posted on 火曜日, 7月 28th, 2015 at 4:55 PM and is filed under 未分類.

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.