念佛宗の林間学校をお孫さんに勧めた知人がいます

昨日、20年来のお付き合いのある知人と久しぶりに夕食を共にしました。

まぁ元気なおじいちゃんなのですが、その中で印象的に残った話がありました。念佛宗が毎年開催している林間学校に、お孫さんが参加されたというお話です。どうやら中学生になったばかりのお孫さんは、少しばかりゲームをやり過ぎなところがあったそうで、それでも祖父母の立場からはお嫁さんにあたるお母さんには何も言えなかったのだそう。

私も息子の嫁とは心を割ってお話をする仲ではありませんので、お気持ちと状況はよくわかります。私にはまだ孫がおりませんので、孫の教育や日常についてお嫁さんと意見がぶつかるような経験は今のところありませんが…。そして、中学1年せの夏休みを迎える頃、お金は自分がもつから林間学校へ参加してはどうか?と、念佛宗が募集している林間学校を勧めてみたそうです。

念佛宗の林間学校

知人にとっては思い切った提案をしたつもりだそうですが、実は日頃から息子さんの素行に悩んでいたお母さんは、試しにぜひ参加させたい、と良い反応だったのだそう。参加したあとの話を聞くと、日常の生活態度や礼儀はもちろん、念佛宗の教えと感謝の気持ちを持ち帰ってきてくれたようです。

This entry was posted on 木曜日, 10月 1st, 2015 at 4:36 PM and is filed under 未分類.

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.