レーザー微細加工の歴史

レーザー微細加工の歴史

レーザー微細加工の歴史についてですが、一体この技術はいつ誕生したものだと思いますか。
だいたい、誕生したのは今から30年前くらいだといわれているようです。
では、この技術が誕生したきっかけとは何かと言いますと、電子機器製品の発達により、半導体や基盤ガラスなど、細かい部品が色々と開発されてきました。
その時に、この技術は力を発揮しだしました。
なぜかというと、この技術は小さい部品を加工するときに、機械では加工することができない部分も加工することができるようになったのです。
しかもこの技術は年々、より小さいものを加工していけるようになってきています。
今日では、ありとあらゆるものが、どんどん小さくなっていっています。
そのため、レーザー微細加工の技術が活躍する範囲も広がっていき、どんどん活躍の場が増えていっています。
今後も、発展していき色々な面で使用される機会が増えていくと思います。
今後も目が離せないことでしょう。

This entry was posted on 水曜日, 3月 23rd, 2016 at 5:38 PM and is filed under 未分類.

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.