文書保管の廃棄

文書保管の廃棄

預けた機密文書などを廃棄する方法については、溶解処理で廃棄する所がとても多いです。
秘密保持契約を締結した専門の廃棄処理業者が安全に、なおかつ確実に文書を運搬し、溶解します。
また、溶解処理の後は、機密処理証明を発行してくれる所も多いです。
また、文書の溶解までの流れを説明します。
まず、入庫時に設定した保管満了日までに、お客様のもとに保管期限満了案内が送られてきます。
そして、お客様より廃棄の指示があった文書のみを廃棄します。
そして、文書の廃棄をする際には、廃棄廃棄処理業者へ文書の引き渡しをして、文書を廃棄処理場へ直送し、書かれている文書を廃棄処理業者が確認することなく、文書をそのままの状態で溶解処理をします。
最後に機密処理証明書を発行するという流れになっています。
文書保管だけでなく、文書を廃棄したい場合にも、文書保管のシステムはとても有効であると思われます。
この機会に利用されてはいかがでしょうか。

This entry was posted on 水曜日, 4月 20th, 2016 at 9:28 PM and is filed under 未分類.

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.