ハッピーマムではイマージョン教育を取り入れています

ハッピーマムではイマージョン教育を取り入れています

あなたは「イマージョン教育」という教育方法について知っていますか。
聞きなれないという方がほとんどなのではないかと思いますが、国際化が進む今日、このイマージョン教育はとても注目されている教育方法なのです。
イマージョン(=immersion)には、「浸すこと」という意味があり、その言葉の意味が表すとおり、イマージョン教育とは、外国語に浸すことでその外国語を習得させるという方法なのです。
簡単にいうと、例えば国語や社会といった科目を外国語で学ぶことによって、自然とその外国語を取得するということです。
この教育方法は、1965年に英仏両語が公用語であるカナダのケベック州で、子供たちをバイリンガル育てるために導入されたのが始まりです。

そしてこのイマージョン教育は、東京都の認可保育所であるハッピーマムでも取り入れられています。
ハッピーマムでは、外国人講師やバイリンガル講師と一緒に歌ったり、踊ったり、本を読んだり、遊んだりしながら、日常の園内生活の中で自然と英語を学べるバイリンガル教育環境が整っているのです。

This entry was posted on 木曜日, 4月 21st, 2016 at 7:55 PM and is filed under 未分類.

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.