プレゴールデンエイジをハッピーマムで有意義に使おう

プレゴールデンエイジをハッピーマムで有意義に使おう

さきほど、ハッピーマムの教育方法の特徴の一つとしてイマージョン教育をご紹介しましたが、ハッピーマムの特徴はそれだけではありません。
ここでは、東京都の認可保育所であるハッピーマムのさまざまな特徴をご紹介したいと思います。
その一つが、身体づくりに大切な運動についてです。
3?8歳の間は「プレゴールデンエイジ」といわれ、多種多様な運動や動きを経験することで、運動能力の基礎を作る重要な時期なのです。
ゴールデンエイジとは、簡単にいうと運動のセンスや応用力を磨くことができる時期のことで、一般的に9?11歳の時期をいいます。
その前の幼児期はプレ期間として大切な時期なのです。
ハッピーマムでは、このプレゴールデンエイジである幼児期に、視る・考える・行動するを軸に構築したトレーニングとテコンドーを取り入れたプログラムで、お子さまが楽しく身体づくりをし、運動センスを養うようなチャレンジができるような環境があるのです。

This entry was posted on 木曜日, 4月 21st, 2016 at 7:55 PM and is filed under 未分類.

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.