高級賃貸への転居を東京で検討する

高級賃貸への転居を東京で検討する

若い頃から、一流の仕事をするには一流の場所に事務所を構える、そして住み家も一流、乗る車も一流といきたいと思っていた。
現実には、まあまあの場所にある会社に勤めてはいるが、住み家は公団住宅だ。
電車で通っているので、車は持っていない。
せめて住み家だけでも一流にしたいと思うのだが住宅購入はとても無理だ。
そこで目をつけたのが東京の高級賃貸住宅だ。
いわゆるデザイナーズマンションなのだが、写真に収めると豪邸の内部写真と見分けがつかない。
デザイナーズマンションは部屋のどこでも意匠が施され手を抜いていない。
部屋のどこに立ってもおしゃれ感と遊び心に触れることができる。
東京の高級賃貸を売りにしている不動産屋を何軒か回って物件を見させてもらった感想だ。
その中で、敢えて奇抜な意匠デザインは抑えめにして、そのかわり多少日本風な雰囲気を取り入れたところがあり気にとまった。
ただ、せっかくなのでもう少し東京の高級賃貸を見て回りたいという気持ちもあり、即決はしなかった。

デザイナーズマンションは東京の高級賃貸の一番人気

私が目をつけた東京の高級賃貸は、和風のデザイナーズマンションだった。
部屋そのものはシンプルなのだが、共用部分に竹が植えられていて、それぞれの部屋の窓から見える竹が涼しさを演出してくれる。
これを見たのがたまたま暑い日だったので余計気持ちが良かったこともあるが、全体的にスッキリした印象なのが他にはない居心地の良さを感じさせてくれた。
家賃も東京の高級賃貸にしては割安なので、ここに決める事にした。
自分は車を持っていないので自分の部屋には少しお金をかけても良いと思い、家具についても今までのものは処分し今度の部屋に合うものを買い揃えることにした。
この部屋はごたごたしたデザインではないので、家具の選び方や配置によって雰囲気を変えることもできる。
それに合わせて自分が着る服にもこだわることにした。
スタイルから入ると気持ちも変わることを知った。
心なしか仕事もうまくいくようになった。
東京の高級賃貸を選んでまずは良かったと思っている。

割安な高級賃貸は東京にもある

私が、東京の高級賃貸のデザイナーズマンションに引っ越したことは噂になり、部屋を見に友人が遊びに来るようになった。
その中の一人が、本気になって東京の高級賃貸を探しているという。
彼は今まで最新流行の車を持っていたのだが、車の維持費がバカにならないことに気づき、車を手放そうと考えていたところだと言う。
車も確かに素敵な空間だが、食事したり、心地よく眠ったりするには相応しくない空間である。
やはり、本物の贅沢は自分の住み家を充実させることだろう。
彼は、私が住むデザイナーズマンションのスッキリした装いがとても気に入ってくれた。
ただ家賃は割高と感じたようだ。

最近東京では、古いアパートやマンションをリノベーションしてデザイナーズマンション風にした物件も増えているという。
東京の高級賃貸をネットで探すとそういった物件も見つかり、さらに家賃もそれほど高くならないものが多いとのこと。
遊びに来た彼は実際にそのような物件を見つけ、私の所よりは家賃は安いが見た感じは引けを取らないデザイナーズマンションへ移ることになり満足していた。

This entry was posted on 金曜日, 9月 30th, 2016 at 6:05 PM and is filed under 未分類.

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.