母が浜松のパソコン教室で資格を取ると言い出した!

母が浜松のパソコン教室で資格を取ると言い出した!

最近、浜松に住む私の母はパソコンにハマっています。
母はもうすぐ60歳。
とにかく昔から機械と名のつく物が一切苦手で、パソコンなんて触ったことも無かったのですが、そんな母が驚いたことに、教室に通ってパソコンの資格を取りたいと言い出したんです。
これには私も父も兄も家族全員がビックリ。
「どういう風の吹き回しだよ」「お母さん熱でもあるんじゃないの?」と散々な言われようです(笑)。
母が言うには、たまたま町内のバス旅行で知り合った女性が70歳を過ぎてからブログを始めたという話を聞いて、大いに触発されたのだとか。
その女性のブログは結構人気があるようで、地元誌にも取り上げられたことがあるんだそうです。
「10歳以上も年上の女性が頑張っているんだから、私だってまだまだ負けてられない!」と、母の負けず嫌いに火が付いたのだとか。
でも、パソコンの初心者が資格なんて大それたことをと、初めは家族のだれもが思っていました。
父も「資格なんて、到底無理だろう。
まだ.浜松の着付け教室にでも通ってくれた方がいいのに」とあきれ顔です。

何とビックリな母の浜松での資格取得

しかし、根が負けず嫌いの母が一度、浜松でパソコン教室に通って資格を取ると言い出したら、決して引かないであろうことも、家族はみんな知っていました。
そこで父は「まあ、好きにやらせておけばいいさ。
資格は無理でも、少しでもキーボードで文字が打てるようになったらたいしたものじゃあないか」と言い出しました。
兄も私もその意見に賛成し、しばらく見守ることになりました。
そして、数か月が経ったある日のこと、パソコン教室から帰って来た母が何やら一枚の紙を差し出したのです。
そこには何と、「検定合格」の文字が!「お母さん!すごいじゃない!本当に資格を取ったんだね」と、兄と私は思わず絶叫。
父の顔は、ハトが豆鉄砲を喰らったように目をまん丸くして固まっています。
母は「私だってやればできるのよ!みんなが無理だろうと思っていることを知っていたから、とにかく驚かせようと思って必死に頑張ったんだから!」と鼻息も荒く一気に話すと、家のパソコンを操作して見せました。
そこには、機械が大の苦手だったはずの母の姿はどこにも見当たりませんでした。
ブラインドタッチをサクサクこなす母に、父も脱帽。
重い口を開いて「資格取得おめでとう。
浜松のタウン誌に載るかもしれないな」と一言。

次なる浜松の母の資格とはいかに?

資格を取得してからというもの、母はますます意気軒昂にパソコン教室に通っています。
母曰く、もっと取りたい資格がたくさん出てきたんだとか。
そして、今年の年賀状はパソコンで作るわと張り切っています。
あんなに機械が苦手だった母をここまでやる気にさせるとは、パソコン教室の先生は大したものです。
そして、父の予言通り母は浜松のタウン誌に掲載され、ちょっとした地元の有名人になりました。
最近では一日に8時間近くパソコンに向かっていて「お母さん、少しは運動しないと目にも体にも良くないわよ」と声をかけても「貴方だって、会社で何時間もパソコンとにらめっこしているじゃないの」と言い返されてしまいました。
「私は仕事だからいいの」と言いかけましたが、夢中になっている母が何だかとてもいとおしくて、そのままにしておいてあげることにしました。
資格を取ることで浜松での就職が楽になる
次はどんな資格を取るのか分かりませんが、母にとっては浜松のパソコン教室が新たな人生を切り開いてくれたようです。

This entry was posted on 木曜日, 10月 13th, 2016 at 5:30 PM and is filed under 未分類.

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.