蕨の美容室にもある悩み

蕨の美容室にもある悩み

美容室の店長やオーナーたちの何よりの悩みというのは、今の若い人たちがなかなか仕事人として根付かないことです。
蕨の街でも管理する側とされる側で葛藤が続いていることでしょう。
長年、この業界で生きてきた人たちというのは、今でいうブラックな環境をくぐり抜けてきた猛者と言えるでしょう。
そんな人が、今の若い人の感覚を共有するというのはかなりしんどい話だと思います。
管理する側は、自分が育てられた環境を良しとして自分が強くなった経験を何とかその子たちにもわかってもらいたいと敢えて厳しく接するのですが、情報過多である若い子たちにはそれがパワハラのように感じられてしまう。
この溝を埋めるのは相当大変なことだと思います。
もちろん、中にはそんな厳しい指導も何とか頑張って、何とか自分の力にしようと努力する子たちもいるので、力加減がわからなくなってきます。
美容師というのは一人でも営んでいけないことはないでしょうが、もちろんアシスタントがいるのといないのとでは効率が変わってきます。
蕨の美容室に限ることではなく、今、管理側にとって下の子たちを育てるのは非常に難しい局面に来ていると言えるでしょう。

This entry was posted on 金曜日, 11月 25th, 2016 at 8:45 PM and is filed under 未分類.

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.