おすすめセットフライパンと元祖鉄フライパンの熱伝導

おすすめセットフライパンと元祖鉄フライパンの熱伝導

人気絶好調のおすすめセットフライパンに対して、依然として鉄素材に拘る人も多い。
意見を聞いてみると理由は「味」という答え。
人気フライパンの新調理法は遠赤外線によって食材の芯まで加熱し旨みを出すという仕組み。
たしかに、電子工学専攻の私にはこの理屈は理解できるが、一般の人には判らないだろう。
そこで解説だが、遠赤外線とは人間の目では確認できない電磁波のこと。
この電磁波の特性は、彼自身が熱を発生することは出来ないが、照射対象物の細胞を活性化(熱化)させることができる。
原理としては電子レンジと似ている。
従来型フッ素加工フライパンの場合は焦げ付き防止などに重点を置いていたため、熱伝導が弱い欠点があった。
これが改良され新たに遠赤外線照射機能を加えたことで、飛躍的に加熱効果が発揮できるようになり、ぶ厚い肉の塊でも芯まで熱を通すことが可能になった。
調理としてはおすすめ品としての市民権を確立した。
おすすめフライパンがいいワケ
しかし、肝心要の味・食感はどうなのかという問題を考えてみよう。

This entry was posted on 日曜日, 11月 27th, 2016 at 11:41 PM and is filed under 未分類.

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.