社員の綿密な計画がキャリムエンジニアリングには重要です

社員の綿密な計画がキャリムエンジニアリングには重要です

特種なコンテナをいれたトラックをそのまま、船を使って輸送します。
キャリムエンジニアリングは自前でとても大きな船を所有しています。
船の中にも精密装置を大事に運べる為の工夫がされています。
まず驚くのは、船の中にトラックごと乗せれるエレベーターがあることです。
精密装置を乗せているトラックをそのままの状態で各階に移動させる事が可能です。
エレベーターのおかげで振動はかなり軽減されるそうです。
キャリムエンジニアリングは船に乗せてからも社員が徹底して温湿度のチェックをモニターで確認しています。
コンテナ、一つ一つの温湿度も見れる管理システムがあるので異常があればすぐに高い技術をもった社員が対応してくれます。
キャリムエンジニアリングの自前の船には他にも振動を抑える為にトラックを特殊なシステムで固定しています。
船内の監視システムをきちんと整備することで多くの人の目で確認することが可能になります。
精密装置を依頼者様から預かると決まった時からキャリムエンジニアリングの社員は届ける場所までのルートや環境など綿密に計画を立てます。
社員の仕事への責任感が高品質の輸送を可能にしている事は間違いなさそうですね。

This entry was posted on 水曜日, 1月 11th, 2017 at 8:02 PM and is filed under 未分類.

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.