運ぶのが難しい精密装置をキャリムエンジニアリングは運びます

運ぶのが難しい精密装置をキャリムエンジニアリングは運びます

日本人は昔から精密作業が得意で、素晴らしい技術でずっと経済を支えてきました。
それは今の時代を生きる日本人にも受け継がれています。
今も昔も日本人が製造している精密装置は海外でも高評価されています。
その為、国内だけではなく海外からも精密装置の注文依頼が年々増えています。
キャリムエンジニアリングは輸送するのが難しいとされている超精密装置を運ぶ事業を行っています。
ちなみにですが、超精密装置は医療現場で多く使われていますCTやMRIなどは聞いたことがあると思います。
または、天体望遠鏡や電子機器、工作機器やロボットなど様々なものがあります。
キャリムエンジニアリングでは、他では運ぶことが出来ない装置を運んでいるので会社で用意されている設備に特徴があります。
まずは、どんな大きさでも重さでも運ぶことが出来るようにキャリムエンジニアリングの自前の車両と重機が用意されています。
これがあればどんな精密装置の依頼が来ても安心です。
他にもキャリムエンジニアリングでは、依頼者様の期待に応えられる環境を様々な形で提供しています。
運ぶ事の難しい超精密装置をどのように工夫して運んでいるのでしょうか。

特殊なコンテナでキャリムエンジニアリングは精密装置を輸送

超精密装置と聞いただけで絶対に触れられないと考えてしまいます。
普通だったら運ぶなんて無理と弱音を吐いてしまいそうですが、無理を可能にすることの出来るキャリムエンジニアリングの技術はとても凄いです。
車両や重機だけではなく、精密装置を運ぶ為の特殊なコンテナが用意されています。
コンテナと聞くとただの四角い箱しか思い出せませんがキャリムエンジニアリングの所有している特殊なコンテナは精密装置に運ぶのに絶対必要な温湿度調整の機能がついているコンテナです。
幅の広いものから、背の高いもの、軽量のものまで本当に様々な装置に対応出来る様になっています。
全てのコンテナで温湿度調整が可能なのもとても魅力的ですね。
精密装置は温湿度も注意しなくてはいけませんが、衝撃も故障の原因になるので注意して運ばなくてはいけません。
装置に衝撃がいかない様にする為にキャリムエンジニアリングは、社員が直接、梱包や搬入に携わります。
しっかりと梱包した後は社員同士で声を掛け合い少しずつ搬入していきます。
近くにあるキャリムエンジニアリングってどんな会社?
この時、社員同士が仕事内容を把握していないと協力はとても難しいです。
ミスが許されない仕事だからこそキャリムエンジニアリングでは、社員教育にとても力を入れています。

This entry was posted on 水曜日, 1月 11th, 2017 at 8:02 PM and is filed under 未分類.

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.