コーヒーマシンで美味いコーヒーを飲むには修理も必要

コーヒーマシンで美味いコーヒーを飲むには修理も必要

最近、コンビニで売っているカップのコーヒーが流行っている。
店内にコーヒーマシンが置いてあって、その都度淹れるコーヒーは缶コーヒーにはない美味さがある。
しかも値段が安いとあってコーヒー好きの自分としてもよく利用している。
職場でもコンビニコーヒー談議に花が咲くこともあるのだが、そこで自分が以前いた職場にも一時コーヒーマシンが置いてあった事を思い出した。
それはいつの間にか壊れて修理に出したまま姿を消したが、おそらく家庭用のものを誰かが持ってきたものだった気がする。
とはいえ、あのコーヒーマシンで出したコーヒーも缶コーヒーや粉を溶かすタイプのインスタントコーヒーよりも味がよくて人気があった。
コーヒーを豆から淹れると何がそんなに美味くなるのかは分からないが、香りにしても味の深みにしても格段の違いが出るのが不思議だ。
あの職場でも、途中で壊れて修理に出したきりになってしまわずにいたらきっとその後も職場の人気者だったに違いない。

修理よりも買い換えが得な安いコーヒーマシンで十分なのか?

ただそのコーヒーマシンにしてもいろいろと違うようで、豆から淹れればどれでも美味いというわけでもないようだ。
もちろん、使う豆の種類もあるとは思うが、中にはハズレと思えるようなものもあるから気をつけられたい。
自分も一度出張で泊まったホテルのロビーにコーヒーマシンがあって使ってみたが、これがまた大ハズレだったことがある。
それはむしろ豆のせいだとしても、あれは壊れているから修理に出すようにとフロントに言いたいくらいの味だった。
というのは極端な例だとは思うが、コーヒーマシンにも安い高いはあるだろうから味の差が出てしまうのも当然だろう。
実際に価格を調べてみると数千円のものから数十万円のものまであって、これが豆さえ一緒ならどれも同じ味のコーヒーが出るとは思いがたい。
もしそうならそう高い価格の物など売れないわけで、適当に安いものを選べばいいことになる。
安物なら壊れても修理などせず買い換えればいいだけなので値段の高いコーヒーマシンがある理由がなくなってしまう。

手入れが楽で修理いらずの家庭用コーヒーマシンが欲しい

さて、そうやってコーヒーマシンの事について調べたりしていると、今度は自分でも一台欲しくなってくるのが人の常というものだ。
業務用のものなら100万円を越える価格もざらだが、家庭用のコーヒーマシンなら手頃な価格で手に入れることができる。
自分の家で使うだけならそう高級なものもいらないので使いやすそうな小型のもので十分だ。
有名なメーカーが出しているようなものならアフターサービスや修理対応もしっかりしていそうなので特に問題ないと思う。
しかし、こういうコーヒーマシン一つにしてもこだわればいくらでもこだわれるようで、エスプレッソ機能がついているとか、浄水機能付きとか家庭用でもかなり種類が多い。
コーヒーマシンの修理は安いのか
ただ、多機能になってくるといろいろと手入れや消耗品が必要だったりして少し扱いが面倒にもなってくるようだ。
自分はコーヒー好きだが割と面倒くさがりの方なので、なるべく手入れだの修理だのがいらないようなお手軽タイプが似合っているような気がする。

This entry was posted on 火曜日, 2月 14th, 2017 at 10:05 PM and is filed under 未分類.

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.