狭山で新築の物件を購入するメリット

狭山で新築の物件を購入するメリット

兄が狭山で新築の住宅を契約する前に、そのメリットについて調べていましたがそのメリットは購入時に税制上で優遇される事です。
固定資産税や登録免許税そして不動産所得税が中古に比べて軽減されます。
その他のメリットとして販売した会社が、その後10年間は瑕疵担保責任の義務がある事です。
購入後長く住めるように、なるべくリスクを少なくする事が出来るのは大きなメリットです。
瑕疵保険の費用は販売価格に含まれています。
この商品を購入する魅力は、まだ誰も住んだ事がない物件を手に入れられる事です。
中古物件だと物件によっては、かなり気になる水回りの汚れを気にする必要がありません。
トイレやキッチンそしてお風呂は使用しているうちに汚れが目立ちやすい箇所です。
中古だとリフォームをしていない物件もあるので、そのための費用がかかります。
私の兄が購入した狭山の新築はそのメリットが多いのが魅力と言えます。
契約内容に問題がないか必ず確認しましょう。

This entry was posted on 水曜日, 2月 15th, 2017 at 9:52 PM and is filed under 未分類.

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.